税理士試験は年1回!その流れを知っておこう

試験のなかには、年に何度も行われるものがありますが、年に1回だけの試験も少なくありません。
そのため、合格に至らなかったときは、次の試験まで1年待つ必要がでてきます。
ただし、合否がわかるまでの期間は、どっちも付かずの状態になります。
このような理由から、試験に受かるまでの効率的な過ごし方は、けっこう難しいのではないでしょうか。
「税理士試験」について考えてみましょう。
こちらの試験は年1回実施されます。
平成30年度(第68回)の実施スケジュールは次のとおりです。(いずれも平成30年)
試験実施官報公告:4月2日
試験申込受付:5月8日~18日
試験実施:8月7日~9日
合格発表:12月14日
試験は8月ですが、公告から試験日まで約4カ月、試験日から合格発表までも約4カ月あることがわかります。
なかでも大変なのが試験実施日(3日間)ですが、本番に向けての準備も必要になります。
また、合否の結果待ち期間は、次年度の勉強をどうすべきか決められないため、ストレスが大きいかもしれませんね。
そのため、税理士試験に挑むには、体力と気力、どちらも必要なことを知っておきましょう。